決まったパターン

ステージごとに出てくる刀剣は決まっているため、自分の希望している刀剣が出てこない場合には、事前にステージを確認しておくことで、納得できる刀剣を出すことにつながるといわれています。 実際にさまざまな種類がありますが、若いステージほど短刀や打刀、脇差などが出てくる可能性が高く、太刀や大太刀は後のステージで出てくることが多いのです。そのため、適切に活用するためには、事前にどれくらい戦って出てくるのか、将来的にどんな形で刀剣乱舞内での刀剣出現率があるのかを、戦う前に確認することも重要です。 刀剣乱舞は一定期間にある程度のサーバーの活用がされているため、より多くの人に楽しんでもらえるようにしていることも重要といわれています。

刀剣乱舞の中でもっとも厄介な敵といわれているのが、検非違使です。検非違使は主人公たちと違い、別の方面から時代を守ろうとしているものとして、長い間そのステージにいると搭乗するシステムとなっています。 避けて通ることもできるのですが、検非違使を倒すこと専門でしか出てこない刀剣もあるので、誰もが必死に検非違使と戦っているのです。 とはいえ、ある一定回数以上戦うことによって検非違使が登場するシステムになっているので酢が、ボスを倒さなければそのままといわれています。検非違使のだし方をチェックしておくことで、納得できる刀剣乱舞の楽しみ方とはいえません。 そのため、できる限りだしたくない場合には、そのステージのボスを倒さず、ある一定のところで本丸まで戻すべきです。

注目の記事